母の節約術

私の家族はとても貧しく育って来たので、母は、節約をしなければなりません。また、母の節約術は、多分世界一最強なのではないかと思います。今は、基本的な節約で、給料が振り込まれてから、引き落としの分を分け、出費を計画し、そして余ったお金で貯金をしたり、その月には何が買えるかなどを考えます。

例えば、先月は、引き落としが少なかったので、手元に余ったお金で少し大きめの家具を買い換える事ができました。それだけでも節約がとてもうまいと思っているのですが、私達子供が小さい頃も、洋服やその他の子供の学校での道具なども全て使い回しをし、制服もランドセルも兄弟姉妹で回して使いました。なので、普通の一家の半分くらいの値段で子育てをして来ています。

他の家庭では、もしかしたらお金が無くても、なるべく新しい物を買ってあげたいと思う気持ちがあるかもしれませんが、私の家庭では、そこまで考える余裕も無かったので、全ての物がお下がりでした。

そのお陰で、物を大切にすると言う事を覚え、大人になった私は必要な物以外は買わない様に心がけて、お金を節約しています。昔は新しい物が欲しいと思いましたが、今となっては、それで良かったと感謝しています。