貯蓄専用の口座を開設する

今はインターネットバンキングを利用している人が多いと思います。

メイン口座とは別に副業で得た報酬を振り込んでもらう専用の口座を作ることによって、貯蓄をすることが出来ます。

その副業で得た報酬を貯めるための口座はお金を下ろすことはほとんどしていません。

貯蓄専用の口座という形で持っておくのです。

お金を下さない口座なので口座残高は減りませんし、増える一方です。

それだけでも貯金をしているんだという実感を持つことができます。

ネットバンクの中には他行への振込の際に手数料を無料にしてくれるサービスを展開しているところもあります。

条件があったり、1か月に振込手数料が無料となる上限が定められていることもありますが、それでも振込手数料を無料にすることが出来るというのは、メリットが大きいです。

どうしてもその口座からお金を下したいと思った場合、コンビニのATMで引き出すことが出来るので不便さを感じることもありません。

また上手に貯金をする人は家計簿をつけていることが多いです。

最近ではオンラインでもお金の管理を行うことができますし、スマホであればアプリでも対応をすることが出来るようになっているので、分かりやすくなっています。