王道を行く独身の仲間

独身の内って、とりあえずは自分の売り上げは好きなように使えます。
私の実態、決して預貯金とか策するほど所得もなかったので、ほとんど月使い切って月末に走り込みでした。
それに見比べ、まだまだ独身の近隣は正攻法の預貯金手法でとても貯め込んでいらっしゃる。
稼ぎは昔のぼくと大して違わないのに、通年100万くらい貯めていらっしゃる。
それは、必ずフライングゲット預貯金だ。
勝手に月定期積み立て預貯金にまわされて、もう一度その中でしか月使えないようになっているのだそうです。
それでも、ほしい物も少々買い求めるし、断じてケチな生活をしているように見えない近隣は、ほしい製品も積み立てだと言います。
ほしいものができたら、それのために月、定期積み立てとは別に、食費のゆとりなどを積み立てて赴き、貯まったらかうのだそうです。
それは、確かにアッという間に買ってしまい隔絶で払って行く独身時代のぼくとは違う。
そして、正しく細かいところも気にしていて、稼ぎをATMで引き出すときの手間賃も無料でないと下さないし、かつ飲み物はある程度水やお茶を持ち歩き、オートマチック斡旋タイミングでは買わないようにしていました。
それをルーティンにしているので、くれぐれもみみっちくもないし挑発も乏しいのだそうです。
食費にしても、1個人ならそんなに使わないので、1週分まとめ買いしてそのウィークを乗り切り、そのゆとりを次月の飲みや外食にあてているので、くれぐれも楽しめないこともないようです。
見習うべき正攻法預貯金手法を延々と教えてもらい、母親として反省だ。