最高の減額テク

節電法は世の中に満杯溢れている。節電法を一門も知らないという他人はいないでしょう。例えばエコという結果冷房の仕込み気温とかコストダウンとかが叫ばれていますが、それもまた節電の一案といえるでしょう。また融資やリユースなんかもそれにあれ囚われるかもしれません。ですから、これらのことを実践している他人はとうに節電を実践しているといってもいいでしょう。そのように考えると、多くの人が節電をしながら生活をしているといえるでしょう。ですから、それ以上のと言われると実践するのがむずかしいのではないかと思います。そこで自身が求めたいのは、お元金帳を付けるということです。生計簿とかではなく、単純にいつ、何に原資を使ったかということをただ記録するだけのことです。ですから、お元金帳だ。
しかし、これを行うことの効果は極大だ。毎日、何にどんなに使ったかを記録するだけで、勝手に無駄な返済を防ぐことができます。意識して節電しようと考えると維持しなかったり、リアクションが来たり行う。しかし、毎日お元金帳を塗りつけると自然と原資を意識するようになり、何を実践するでもなく勝手に倹約住まいになる。ほんとに不思議なのですが、事実です。つまり、節電の最大の技術は何かをするということではなく、原資に対する意識を切りかえるということです。