冬場に嵩んでしまう電気代を抑えて節約

私は節約の意識を高く保つように生活していますが、中でも光熱費はなるべく抑えるように心がけています。

冬場はどうしても暖房に頼ってしまい、光熱費が特に高くついてしまいます。

そこで、暖房費をなるべく安く済ませるために、いくつかの工夫をしています。

ガスストーブは瞬間的に暖かくなるので、部屋に入って凍えそうなくらい寒い時にはもってこいですが、ガス代が比較的高いです。

窓に近い所に配置することで、手っ取り早く部屋を暖めることができるので、暖まるまでの短時間はガスストーブを利用して、ある程度暖まったらエアコンに切り替えるようにしています。

また、エアコンの暖気は上に行く傾向があるため、早く暖かくするために、風向を下に設定するようにしています。

同じ温度設定でもこれだけで体感温度に差が出てくるので、寒い思いをしなくて済みます。

また、掃除機は年間で計算すると、意外と電気代が嵩んでしまうので、なるべくフローリング用のモップなどを使うことで、頻度を減らすようにしています。

もし掃除機をかける際も、スイッチを入れた時が一番電気を使ってしまうので、なるべく一気に短時間で済ませるようにしています。

これで冬場に嵩みがちな光熱費も、比較的安く済むようになりました。