家庭内に死蔵されるアイテムは即中古買取へ

明らかに要らなくなったアイテムをいつまでも家庭内に溜め込むのを止め、素早く決断し中古ショップに買取りに出してしまう。この習慣を持続させる事により少しづつ貯蓄を増やす事が出来る他、煩雑になった家庭内の整理にも繋がり一石二鳥であるという事に気付いたのはごく最近の事です。

いずれ生活や趣味に必要になるからと、到底活躍の機会がなさそうなアイテムをそのまま保管し続けているのは実に勿体無い事です。長い間保存しておく事により中古品としての価値も次第に下がってしまう上、それらを保管するスペースが部屋を圧迫し清潔面にも支障が出るのです。得てしてそうした物品はその後も出番が無いケースが圧倒的に多く、これなら早目の判断で中古買取りに出し、お金に換えて貯蓄した方が生活上でも有利であるという事に気付いたのです。

最近の私は要らないアイテムを不必要に保管し続ける傾向が強く、思い切って中古買取りに出そうとした時には、釣りやスノボ、ギター等のアイテムがこれでもかと溜まってしまっていました。確かに買取り処分に出すのは物理的に大変だったのですが、最低限必要なアイテムのみを残すとビックリする位に部屋がクリアになると共に、得たお金も数万円単位となり、少なからず貯蓄の足しとなったのでした。

いずれにせよ思い切りが必要なこれらの行動。必要不必要の見極めを大胆かつ確実に行いたいものです。