実録を作るのは基本ですね

基本的に何にしてもズボラな身。
金額に関しても、絶えず「お金がないから節約しないと」と縮減を意識してはきたのですが、それとなく思っているだけでした。
それが、数か月前の話ですが給料が減って実に金額に困ったときに、改めて利用を見直してみたところ、何にいくらかかったかを自分でも把握していなかったことがわかりました。  
生活簿の感じも、書いてはいたのですが、気の対するときにしか書いていなかったので正確ではなくて、あんまり役に立っていませんでした。
無論、極めて書かないよりもいいとは思うのですが。
身が主に預かっているのは、食費、日器機の類に要する金額だ。
なので、月収何にいかほど使うか、たとえば食費の取り分けおアメリカ合衆国に月々いくらくらい用いるか、油や香味料、野菜など疎かなもの特別、因る金額の参照を作り上げるようにしてみました。
月々の最初に、参照を付けて書いて置き、通り掛け経過を見ながら、使いすぎていたら調整するようにしみました。
そのためにも、無論生活簿は日毎つけている。
いまのところ、これがより役に立っているようで、ぼんやり縮減しようと思っている時とは違い、具体的に何をどのくらい抑えたらいいか、逆に何が縮減できているかが聞き取れるので、自分で支出を把握しているという実感でてきて、良かったです。