節約して貯蓄を行うには生活を見直す必要があります。

私が節約をするように決めた時は25歳の時です。それまで、給料をいただいた分使うという生活を行っていましたので、節約、貯蓄には無縁でした。

きっかけは、彼女との結婚を考え始めたからです。

そこでまず始めたことが、生活の見直しになります。

仕事をしていたのも関わらず、寝る時間は遅く、起きる時間は出社のぎりぎりでした。

節約、貯蓄を考える者が余裕の無い生活を送ればお金も回ってこないと考えました。

規則正しい生活を送るだけで自然と節約が出来てくるのです。

まずは光熱費を下げることに成功し、飲み会の回数も自然と減っていきました。

今まで、雑費が多かった私ですが貯蓄まで始められるようになりました。

お金が貯まってくると、更にいろんな面を節約しようと考え始めました。

まずは節水、そして無駄な出費を減らす、小さなとこから始めていきました。

見事に成功を納め、2年後に彼女と念願の結婚をしました。

節約、貯蓄は現在も続けていますが、更に変わったことがあります。

それは健康な身体を手に入れることになったのです。

以前までは不規則な生活を行っていたので、身体はボロボロになっていました。

しかし、生活を変えることにより健康な身体になりました。

私が特にお伝えしたいのは、節約、貯蓄は現在の生活から無理をして行うものではないということです。

いろんな節約方法がありますが、まずは考え方を変える節約方法選ぶことが先決だと思います。

考えが変われば、行動が変わってきます。そうすると自然と周りの物事が上手くいくようになります。

節約、貯蓄をしようではなく、普段の生活を見直すことが最大の節約方法ではないでしょうか。

是非、生活を見直してみてみましょう。