私のらくちん貯え技

私が実践しているラクチンな積み増しやり方をご紹介します。

1,道楽小銭積み増し
500で玉や100玉積み増しを始める人物はけっこう多いと思います。専用の積み増し器物が100円売店て買えます。しかし私がオススメしたいのは一層簡単な道楽の小銭積み増しだ。専用の積み増し器物などはいりません。用意は簡単でドア似ブランク瓶や空き缶を捨て置くだけだ。常々帰宅したら靴を脱ぐ前にふところから適当に小銭をれるという簡単な積み増しだ。500円じゃなきゃもっての外と決めてしまうそれ以外の料金は入れられなくなってしまいます。しかしこの方法ならお札以上なら何でもいれることができ、極めて簡単です。ふところの小銭が鎮まると軽くてらくですし、世帯が協力して受け取ることもあります。一石三鳥の積み増し手立てだ。

2,いつしか積み増し
つい積み増しは、自ずとふところに積み増しが貯まっていらっしゃる積み増しだ。これは呼び出し料金や光熱費や掛け金など月間引き落としパイを振り込んでいる人物がとれる積み増しだ。ポイントは引き落としになる売り値よりもほんの少しだけ多めに入金しておくことです。100円でも500円でも1000円でもかまいません。必要な総額よりもほんの少し多めに入金していくとあっという間にお金が貯まります。手元にあればアッという間に使って仕舞う1000円もふところに入れてしまえば使えませんから勝手にお金が貯まります。

じっくり月間積み増していざというときのためにそなえておきましょう。