お茶、コーヒーは自費でちょこっと節電

近辺に一年中に缶コーヒーを3ガイドブックくらい貰う人がいる。
一年中3ガイドブックで400円から500円。
一月に換算すると、1万2000円から1万5000円の消費。
亭主は「タバコや酒やらないから、唯一の鮮やかです」と言いますが、何となく勿体ない考えがしちゃいます。

私の事例、コーヒーはしょっちゅう超絶で1リットルの内容を買います。
1リットル内容で、だいたい100円頃。これを空いてる500mlのペットボトルに入れると2回分で100円。これで200円ぐらい浮くスキームに。
なんとなく地味なようですが、月スキーム、時期スキームにすれば随分いきます。

寒いお天道様は、電子エリアで温めてそれを保温の水筒に入れます。
これでいつでもどこでも冷めてないコーヒーが飲めます。

1リットル内容、最近はコーヒーだけじゃなく各種紅茶も売ってますから種別もなんともあります。

私の事例、1リットル内容からの移し変えですが、仮にインスタントコーヒーとかを使えばどんどん安く終えることも出来るでしょう。

ちなみにお茶もペットボトルの物は買いません。
家でわかして、空いているペットボトルや保温の水筒に入れていきます。

保温の水筒なら、刺々しいお茶は白々しいとおり、優しいお茶は温かいとおり。最近の保温技術は素晴らしいので、昼前入れたお茶が夕方まで刺々しいとおり暖かいとおりだ。

麦茶のティー裏側なら、1リットル生み出し50手提げ入り400円から500円ぐらいで手に入ります。1リットル10円ぐらいで行えると考えたら(水道金や気体金などもかかりますが、決してでもないと思います)
1ガイドブック70~80円ぐらいのお茶の500mlペットボトルも買えなくなりませんか?