お金にルーズな私が、今は貯金できています!!私流の節約・貯金術

私は、30歳まで貯金を一度もしたことがありませんでした。借金もしていたほど、お金に対してルーズな生活を送っていました。30歳になったという節目で、気持ちを引き締め、1年間かけて借金の返済・未納だった保険料や住民税を返していきました。正直とても大変でした。

今後はこうならないようにと未来の事を考え、どのようにしたら私のようなお金にルーズなタイプでも貯金をすることができるだろうかと考えるようになりました。そして現在、私は貯金と節約が趣味になっています。お金もだいぶ溜まってきています。

どうやってしてきたかをご紹介します。給料がでたら、最初に家賃・光熱費・携帯代(嗜好品含む)・食費・交通費と5つに振り分けます。(慣れてきたら合計金額をひとつの財布に入れてもOK)そして残った額の1/3を貯金に回します。ここでポイントは無理した金額を貯金しない事です。無理をすると楽しくなくなり、挫折してしまうからです。

そして口座は、固定支出支払用の口座・貯金用の口座2つを用意します。貯金用の口座は、預けたら絶対引き出さないのと、突然の出費や旅行などで引き出すことが出来る口座で分けています。先ほどの残った額の3/2は、絶対引き出さない方の口座に入れます。引き出す方の口座に、先ほどの1/3の貯金を入れます。これでざっくりですが、分ける事で意識するようになります。

数カ月に1度は必ずどれも基調をすることも大切です。無理していないからこそ、溜まってくるお金が嬉しくなります。

プラスアルファで、100円(50円や500円でも可)貯金もすると更によし!目標をきめて貯金箱にはすると良いと思います。普段の買い物にも節約が必要です。欲しいと思ったものは、その場で買わないこと。日を空けても欲しいと本当に思ったときや、貯金がたまってから購入すると良いです。家電などは、古いものを使うと、電気代がかなりかかります。

ものによっては、新しい省エネタイプに買い替えすることで日々の電気代もかなり抑える事が出来ます。ただし、なんでも買うのではなく、計画的に年に1度だけなど、しっかり決めて購入することが大切です。