私の節約・貯金法

私なりに開発した節約・貯金法を紹介します。

まず、私自身、過去に、クレジットのリボ払いに苦しめられ、一旦、貯金0になった経験があり、家計に響いてしまったという、苦い経験があるのですが、どうやって克服したのかというと、消費者生活相談窓口へ行って、お金の管理法やクレジット返済のノウハウを教えていただいたのをきっかけに、解決へと導かれました。

具体的にどう対策を練ったのかというと、毎月の固定費支出を項目別に分けて封筒に現金を入れておいたり、excelで家計簿を管理し、具体的な残額を数字でハッキリと記録し、それを頭の中にたたきこみ、「私のお財布には、今、これだけの金額しか入っていない」と自覚することにより、無駄買い、衝動買いから回避できるようになりました。

その中で、月末に家計簿をプリントして、どの費用を削ったり、節約すれば良いのかを計算して予算を立てると、金銭感覚が正常となり、貯金癖や節約法が身に付きます。貯金する時は、たとえ少額でも定期預金に入れて、すぐに簡単に引き落とせないように対策しています。

クレジットに関しては、自分だけでは手に負えない場合、正直に家族に打ち明けて援助してもらうのも選択の一つです。それか、使いそうもないクレジットカードを思い切って解約して、新たなカードを作らないのも解決策の一つです。

自宅に眠っている日用品は、「メルカリ」に出品したり、流行遅れで飽きてしまった洋服を思い切って処分し、部屋中を断捨離すると、気分的にスッキリし、「これ以上、物を集めない」と心に決めることが出来ます。要は気の持ちようだと思います。