引き下げや預金について

僕は、減少や蓄えについて、減少はできるだけ困難負担がかからないように、こなせる日数だけして、極力気がかりに思わないようにしたり、蓄えはとれる場合したりしておいたので、コチラ何年か分の生活費を蓄えすることができてよかったです。
そのおかげで、減少や蓄えをしていると働いている間には空白があったり、そのおかげで勤務ができていないときの生活費になっていたり、何か自分が困った時にも、作動したりする事ができていたりします。
それに何かマークがあれば、達成することも可能です。
例えば、何かほしいかというものをマークを達成できるかどうかは、その人にかかってある。
それでも、その人が前向きに働けるなあと思うものがあれば、減少蓄えには手間はないと思います。
それに、前向きなマークとは何と思いますが、何の用に取り扱うのか、何がほしいかとかなんでもいいのですが、
あんまりこのことを気がかりに思わないようにする為には、マークを決めてしまうことも大事ですが、わざと決めないマークを達成するのも良い事なのではないかと思います。
マークを決めすぎて、逆に段々辛くなって着ているも困ります。
悲しいのではなく、自然にできるような減少や蓄えでありたいと思います。